看護師を辞める理由

看護師を辞める理由・ナースの転職理由で一番多いものは何?

看護師を辞める理由・ナースの転職理由で一番多いものはやはり女性特有の問題でもある、出産・子育てで看護師を辞める方が多いです。

 

 

これは何も看護師の仕事だけに限った話ではなく、保育士など女性の職場であれば仕方の無い問題だったりします。

 

 

出産・子育ての際に、引越しをする・子育ては自分でしたいからという理由で退職する方が多いです。

 

 

 

また、こうした事以外にも看護師を辞める理由は様々なものがあります。

 

 

その中でも良くあるものとしては

 

  • 仕事が合わない為
  •  

  • 人間関係の問題
  •  

  • 体調不良
  •  

  • 家庭の事情

 

 

などの理由が挙げられます。

 

 

体調不良は、原因を辿れば人間関係のストレスや、看護業務内容が自分に合わない為に起きてしまっているという風にも考えられます。

 

 

家庭の事情は、子供や家族の問題で条件が合わなく退職するという事になります。

 

 

看護師を辞める理由としては、この他にも様々な理由があると思いますが、こうしたものと他の問題とが複雑に絡み合って退職するという道を選ぶ方も多いと思います。

 

 

仕事が大変な上に様々な問題が起きてしまったら働き続けるのは大変辛い職場となってしまいますので、看護師で転職をする方は多いという事になってしまうのだと思います。

 

 

どのような場合においても、ナースの仕事は募集が無くなるという事はありませんし、転職を繰り返したからと言って不利になるという事もありません。

 

 

問題を抱えたまま無理をして病気になって倒れてしまったりという事になってしまうと最悪ですので、そうなる前に働き方を考え直した方が良いと思います。

 

 

 

自分に合う働き方、職場というものは必ずありますので、転職の際にはどういう働き方が自分には合っているのかじっくり考えてみると良いと思います。

 

おすすめ厳選!看護師転職人気サイトランキング!


ここで紹介する転職支援サービスは、ネットの口コミ・利用者の満足度・評価の高いものをランキングにしています。


どこも古くから職業斡旋事業を行っている老舗企業で、使いやすく、看護師の方がスムーズに転職を成功させる為の役に立つ情報が集められています。


厚生労働省から認可を得ており、登録は無料で料金が発生する事も一切ありませんので、安心して利用する事が出来ます。



看護のお仕事
転職祝い金最大12万円!

業界最大級の求人案件数・非公開求人数(※ネットに出回る前に場集が終了してしまう好条件の案件)を保有しているから、ここでしか見つけられない案件が沢山あります。


理想の看護師を目指す為に、看護師に寄り添うをテーマにした転職サービスなので、心強いサポートが受けられます。


■公式サイト ⇒ 看護のお仕事


詳細ボタン

運営期間 対象者 求人案件数
2005年〜 准看護師・看護師・保健師・助産師資格保有者 130,000件以上

ナース人材バンク
年間利用者10万人以上の国内最大級の転職支援サービス!

豊富な実績があるから安心してお任せする事が出来ます!
はじめての方におすすめです。



公式サイトボタン詳細ボタン

運営期間 対象者 求人案件数
2003年〜 准看護師・看護師・看護師資格保有者 3,000件以上

ナースフル
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビなどでおなじみのリクルートが運営するナースフル!

認知度NO.1!高い信頼度と、転職のプロが丁寧サポートしてくれるので安心して就活する事が出来ます。


サポート対象地域が主要都市を得意としている為、上京したい方にはおすすめです。


■公式サイト ⇒ 【看護師限定】転職支援サービス


詳細ボタン

運営期間 対象者 求人案件数
2012年〜(元リクルートナースバンク) 准看護師・看護師・保健師・助産師 ・看護師資格保有者 約8,200件

マイナビ看護師
就活時には90%以上の人が登録すると言われている人材サービス、マイナビが運営するマイナビ看護師。

首都圏や関西圏、札幌、名古屋、広島、福岡の都市部での看護師求人を得意としています。
コンサルタントの情報も公開していて、利用者も高い満足度を得ているというデータもあるので、安心して利用する事が出来ます。


企業系看護師案件多数!


公式サイトボタン詳細ボタン

運営期間 対象者 求人案件数
35年以上(マイナビ) 准看護師・看護師・保健師・助産師・看護師資格保有者 30,000件以上

【その他の看護師転職エージェントはこちら!】


【単発アルバイト・パート・看護師派遣会社はこちら!】